So-net無料ブログ作成

ある失敗のはなし [雑感]

古いお寺があった。

このお寺は古くからの檀家も多く、名所旧跡ではないが
それなりに賑わってもいた。

古いので、本堂や庫裏は傾き、隙間風が吹き
床はギシギシと音を立てて、お世辞にも「名刹」ではなかった。

なかったが、ここには年老いた名物和尚がいて
来る人来る人に文字通り「説教」していた。

はじめて会う人にだって歯に衣着せずに
辛辣に小言を言ったし、あれがダメだ、これは直せ、と止まらない。

葬式だって、法事だって「省きに省いて今ではこんな体たらく!」
などと言いながらも世間の常識では「長くて、くどくてなんてヒドイ」と。
皆が言い立てる始末。

この老和尚が亡くなると
実子の副住職が住職となって、お寺を改革することになった。

この新しい住職は
どこからか資金調達する「ファンド」と開発する業者を連れてきた。

昔からの檀家から寄付などを募らずとも
大きな墓地と、納骨堂を再整備することで費用は捻出できる。
都心から高速道路を使えば1時間半ほどでアクセスできると
大々的にコマーシャルもして
お墓の希望者を募った。

なんとなれば「宗教不問ですよ。」とまで言って。

そしてしばらくして
古い本堂は建築雑誌に載るほどのコンクリート造りの3階建てに。
地下には大きなホールと地上には立派な伽藍だ。

庫裏も田舎では見たこともない立派なもの。

このほか、釣り鐘堂に、納骨堂、累代の住職の銅像
区画整理をした墓地は周辺の土地まで買収して
区画を大きく増やした。

大駐車場には、別の葬儀社が運営する斎場まで隣接している。

もう、昔の面影はない。一大レジャーランドのよう。

お墓の区画が埋まり、納骨堂の希望者が増えれば
それで採算に乗って万々歳。

のはずだった。

だが、である。
思ったように希望者が来ないのだ。
アクセスは良いかもしれないが
所詮田舎。景色が良いわけでも、名所が近いわけでもない。
費用も都心に近い同様施設より割り高。だからか?


最初は本堂が新しくなり、墓地がきれいになるといって
喜んでいた
古い檀家たちはこの結果に猛反発。

住職の住まいを兼ねた庫裏の豪華さも許せない。

そうなると、開発業者もファンドも
一斉に手のひらを反す、、、。

四面楚歌になってしまう住職。


そして、住職は体調を崩し、
ついには総本山から辞任を命じられてしまう。

と、ここまでで話は終わるのです。

あくまでこれは作り話。
フィクションですよ。

でもね。考えさせられます。こういうのはね。
建物建てる側ですから。

開発業者が悪いのでしょうか?
融資をしてくれたファンドが悪いのでしょうか?
うまい話に乗っちゃった住職が悪いのでしょうか?

それとも昔の古いままが良かったのでしょうか?
何も手を付けずに。

檀家さんたちに寄付を募って古い本堂を改修するべきだったかも
しれません。

正解はわかりません。

計画段階で
長老たちにケチョンケチョンに貶され
頓挫した計画もたくさん目にしますし。

今の日本、挑戦、チャレンジを許しませんよね。
傾向として。

そしてね。なにより失敗を許さない。

しくじった者に二度目のチャンスはない。

さて、どうすりゃ良かったのか、、。。


nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

GYMKHANAを見に行く [クルマ]

大磯でイベントがあったので見に。

DSC04729.jpg
大排気量のクルマも。

DSC04734.jpg
アルファも。

DSC04738.jpg
SR311。

DSC04740.jpg
フェアレディ。
こういう大排気量 高出力のクルマが速いとは限らない。

DSC04745.jpg
ブルーバード。

DSC04757.jpg
トヨタS800
こういうクルマが速かったりする。

DSC04750.jpg
ポルシェ。

古いクルマが一生懸命。
おじさん(おじいさん?)たちのお遊びとしては
最高なんじゃないかなあ。
こういうの。

クラシックカーのジムカーナ。
クルマは走っている時が何より幸せそうです。



ジムカーナ入門 新訂版

ジムカーナ入門 新訂版

  • 作者: 飯塚 昭三
  • 出版社/メーカー: グランプリ出版
  • 発売日: 2015/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



新ハイスピード・ドライビング

新ハイスピード・ドライビング

  • 作者: ポール フレール
  • 出版社/メーカー: 二玄社
  • 発売日: 1993/12/01
  • メディア: 単行本



nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

どうでもいいテレビの表示 [雑感]

良く見ると
「個人の感想です」
「当社比」
「特別な許可をいただいています」
「専門家による指導のもと云々」
「飲酒は20歳になってから」などなど
IMG_4897.jpg


テレビのCMの下の方に
「読めるものなら読んでみろ」と言わんばかりに
書いてありますよね。

これね。
本当に必要なんですかね?
読んでる人なんかほとんどいないんでしょうね。

「コンプライアンス」とか「法で定められている」
ってものなんでしょうね。
それとも一部のクレーマーに対する
防衛策なのか?とも思うのですが

やりにくい世の中になってしまいましたね。

昭和の時代だったら「常識だろ?」
で済まされたことが

平成時代はまだ「惰性」でなんとかなっていたのでしょうが

もうみんなの共通認識である「常識」なんか
有って無いようなものになってしまったのでしょう。
それでCMのみならず
細かく「明示」する必要があるのでしょうねえ。

これからは
説明をいちいち全部見て
「確認」とか「承認」とか
「理解しました」とかのボタンを押してから
全ては始まる。

二段階認証、生体認証を経て
テレビ番組を視聴出来るとか
事前契約した人だけ(もうすでにDAZNとかスカパーとか)
になっていくのでしょうねえ。

新聞もテレビもラジオも
昭和から平成を経て大きく変わる
令和の時代なのですねえ。


タグ:CM
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ボビーコールドウェル [MUSIC]

懐メロを。





まだまだ暑いですが、それでも秋。
南風に吹かれに海岸に行きたくなりましたよ。


ボビー・コールドウェル・ザ・ベスト

ボビー・コールドウェル・ザ・ベスト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2004/12/29
  • メディア: CD



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

村上春樹の本を読むときに僕の語ること [雑感]

1Q84とか騎士団長殺しとかノルウェイの森とか
本棚にあるはずだったが
もう見当たらない。

自分で処分したかもしれないし
もしかしたら公立図書館へ寄付してしまったのかもしれない。
あるいは誰かに貸したままということもある。

いずれにしても
いま、読みたければ自分の本棚を探さなくとも
いろいろな方法で読むことが出来る。

それほど、村上春樹の本は「手軽」だ。
「カジュアルな本」といっていい。

カジュアルだからといって
内容がカジュアルということもない。

それなので、自分の本棚に残しておきたいと
思ったのかもしれないし
誰も貸してほしいと言わなかったのかもしれない。

DSC04699.jpg

本棚には


走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: ペーパーバック




色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: ペーパーバック



この2冊しか見当たらなかった。

ともあれ「紙の本」が好きだ。

とある昔の人気作家の文庫本の一連のシリーズは
捨てられずに、いまも取ってある。
それらはもう買い揃えるには大変な労力が必要だ。
いまでは
本棚からダンボール箱に移し
物置に入れてはあるけれど。

デジタルでは、初めて手に取ったときのこと、
その本を読んだ頃にあったエピソード。
本についたシミや汚れが醸し出す何かのこと。
自分の思い出など、いろいろなことが残らない。

その点で
人気作家の本である
村上春樹の一連の作品は
物語としてはデジタルデータとしていつまでも残るかもしれないが
本棚からは比較的「カジュアル」に姿を消してしまうかもしれない。

でも許されるものなら
彼の本も本棚に残しておきたいのだ。


1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)

1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/05/28
  • メディア: 文庫



タグ:村上春樹
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ: